教育分野

Japan E-portfolio

広大接続改革の切り札として、にわかに注目を浴びるようになったeポートフォリオ。国の主導で開発された「Japan e-Portfolio(Jep)」の運用が始まり、2020年度からは大学入学者選抜にも使われる。にもかかわらず、Jepの仕組みは正しく理解する大人が少ない。ここでは、 Jepにも大きく関連するClassiサービスについても触れ、記録を残す大切さを訴えかける。

 2020年度の大学入学者選抜(入試)から、「JAPAN e-Portfolio」(ジャパン・イー・ポートフォリオ︓JeP)の利用が始まる。高校生が3年間の学習・活動の過程や成果をJePのポータルサイトに入力・蓄積しておき、大学の入学者選抜時に提出する仕組みだ。入試改革と高大接続の一環とされ、全国の高等学校に対してeポートフォリオの蓄積が呼びかけられている。


高校3年間の活動記録を評価

 国は、大学入学者選抜において「学力の3要素」を総合的に評価することを求めている。知識・技能がペーパーテストでも容易に測れるのに対し、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性等)」を評価するのは、従来の入試では困難だ。このため、文部科学省は「大学入学者選抜改革推進委託事業」において、主体性等を大学入試でどう評価できるのかを研究する事業を外部に委託した。
 この委託事業で研究・開発されたのがJAPAN e-Portfolioの仕様だ。高校生は普段の学習や部活、学外活動を振り返りながら、その過程や成果をJePのポータルサイトに入力していく。基本的に生徒が入力するが、情報の信頼性を担保するために教員が承認する場合もある。JePにポートフォリオをためるには、生徒が直接入力するほかに、連携する企業の授業支援ソフトなどからデータを流し込む方法(代表例としてClassi)もある。

 こうしてJePに蓄積したポートフォリオデータは、入試時に大学の募集要項に従って提出し、評価される。高校生が何をどのように学び、どんな活動をしてどれだけの成果を残したのかという記録を見ることで、その生徒が主体的に学びに向かう姿勢があるか、大学で何を学び、どんな人間になりたいのかといった「主体性等」を評価できるという理屈だ。